ヤフオクで出品する際はプレミアム会員にならない方がお得?

——— 2020年1月17日更新 ———

(プレミアム会員費と落札システム利用料に変更があったため数値を修正しました)

これまでヤフオクで出品するにはプレミアム会員登録が必要でしたが、2018年11月12日から会員登録しないで出品できるようになりました。

言い換えると「毎月約500円払って出品していたものが、無料で出品できるようになる」ということです。

※プレミアム会員の費用は月額508円(税込み)

長くなってしまったので先に結論

ライトな利用者はプレミアム会員にならない方がお得

詳しくは

月に42,333円以上落札されないなら、プレミアム会員にならない方がお得

※あくまで金額面での話です

※端数があるので落札された数などによって誤差が発生します

計算ミスなどにより、誤りがあるかもしれませんのでできれば以下も読んでいただければ。
そして間違っていたらご指摘いただければ幸いです。

スポンサーリンク

プレミアムあり、なしで受け取る金額に差が出るのは「落札システム利用料」の部分

「落札システム利用料」とは出品していたものが落札されると、その金額に応じてかかる費用です。

プレミアムあり 落札価格の8.8%
プレミアムなし 落札価格の10.0%

例をあげると、月に1,000円だけ落札された場合では

プレミアムあり 1,000-88=912
プレミアムなし 1,000-100=900

そして、プレミアムありはここから月額508円引かれるので、受け取れる金額は

プレミアムあり 912-508=404
プレミアムなし 900-0=900

となります。

1,000円だけ落札されるなら、明らかにプレミアム会員にならない方がお得です。

それではどれだけ落札されたら、プレミアム会員の方がお得になるのでしょうか?

計算してみたところ42,333円落札されると同額になることがわかりました。

42,333円?

あれ?そんなに必要?

プレミアムあり 42,333-3,725(落札手数料8.8%)-508(プレミアム会員)=38,100
プレミアムなし 42,333-4,233(落札手数料10%)=38,100
※端数切捨て
 

うーん、間違ってないよな。

金額面で見る限りライトな利用者はプレミアムにならない方がお得ってことになりますね。

※プレミアムあり、なしではサービスに多少差があります。

それくらいYahoo!もユーザー離れを懸念しているということでしょう(たぶん)

計算間違ってるようならご指摘ください^^;

スポンサーリンク

——— 参考 ———

元々この記事を書いた2018年11月10時点では、プレミアム会員費は498円(税込み)、落札システム利用料(プレミアム会員時)は8.64%でした。

増税の影響もありますがダブルで値上がりした結果、さらにプレミアム会員にならない方がお得という状況になりました。

(同額となる落札額は36,617円から42,333円にアップしてその差5,716円

42,333円を超えるような金額の大きい物を売る際や、大量に出品して42,333円を超えるような場合にプレミアムに加入するのが賢いやり方かもしれませんね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする