【MD】空牙【ゲーム紹介】

1991年に日本テレネットより発売された縦スクロールシューティング。

データイースト制作のアーケードゲームからの移植。
正確な理由は不明ですが、何故か日本テレネットから発売されています。

全6ステージで、30分かからずにクリアすることができます。
個人的にはこれくらいの長さが、何度もプレイできてちょうど良い気がします。

自機はバランス型、攻撃型、スピード型、の3種類から選択。
メイン武器は4種類で、基本となるバルカン以外はどれも癖が強く、最初は使いづらい印象を受けますが、敵が左右や下からくることが多いため、必然的に全方位の武器を使うことが多くなります。

スポンサーリンク

ライフ+残機制で尚且つ、一定時間無敵となれるバレルロール(20秒ほどのクールタイムが必要ですが回数無制限)が使えるため、全体的な難易度はあまり高くありません。

また、2P同時プレイ可能となっています。

【MD】空牙(オープニング)【OP】

※スマホで見る際などは音量に注意してください

【MD】空牙(ボス~エンディング)【ED】

本ソフトは残念ながらダウンロード配信などはされておりません。

ダウンロード配信無し

世界観やグラフィックが硬派にまとめられていて非常に格好の良い作品ですが、続編となるロボットアクションのウルフファングの方が有名かもしれませんね。

スポンサーリンク

※通販と店舗では販売価格や税表示が異なる場合がございます。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする