【MD】武者アレスタ【ゲーム紹介】

1990年に東亜プランより発売された縦スクロールシューティング。

発売が東亜プラン、制作がコンパイルという珍しい組み合わせとなっています。

全7ステージで、コンパイル制ということもあり1ステージは長めです。

オーソドックスな作りのシューティングですが、オプションのフォーメーションをボタンで切り替えることができるところが特徴的です。

メガドライブのカートリッジソフトのためボイスはありませんが、オープニングムービーやステージ開始時、終了時のテキストなど演出も凝っています。

また、音楽が非常に格好良く、全体的にハードな曲調のものが多いです。

【MD】武者アレスタ(オープニング)【OP】

※スマホで見る際などは音量に注意してください

【MD】武者アレスタ(ボス~エンディング)【ED】

スポンサーリンク

ダウンロード配信ではWiiのバーチャルコンソールでしか遊べないため、現状プレイするには環境的に厳しいかもしれません。

バーチャルコンソール(Wii)

アームドアーマーという名称や年号などから、PCエンジンの「スプリガンmark2」と同一の世界観であることが伺えますが、残念ながらゲーム内や取扱説明書からでは特に繋がりは確認できません。
(当時のゲーム雑誌やコンパイルクラブなどで情報が出ていたようですが、正確なところは不明です)

<関連記事>

1992年にナグザットより発売された横スクロールシューティング。 ソフトの帯にドラマチックシューティングと銘打たれており、その名の...

スポンサーリンク

※通販と店舗では販売価格や税表示が異なる場合がございます。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする