【PCE】ガンヘッド【ゲーム紹介】

1989年にハドソンより発売された縦スクロールシューティング。

そして第5回ハドソン全国キャラバン公式ソフト。
しかし残念なことに2分間アタックなどのキャラバンモードは付いていません。

全9ステージとステージ数も中々多いですが、1ステージも長いです。

当時のシューティングは1ステージが長いものが多く、コンパイル制作のタイトルはその流れが顕著でした。

クリアまでに1時間くらいかかってしまうので、一日に何回もプレイするのはちょっと厳しいソフトです。

スポンサーリンク

オープニングとエンディングを撮影しましたのでよろしければどうぞ^^

【PCE】ガンヘッド(オープニング)【OP】

※スマホで見る際などは音量に注意してください

【PCE】ガンヘッド(ボス~エンディング)【ED】

なお、同名の映画があり、その版権の問題なのか海外版はブレイジングレーザーズ(Blazing Lazers)というタイトルになっています。

現在でもブレイジングレーザーズであればゲームアーカイブスなどでプレイ可能なので、興味を持った方は是非プレイしてみてください。

弾幕ではない、昔ながら(?)のシューティングが楽しめますよ。
少々難易度は高いですが・・・。

ゲームアーカイブス(PS3、PSP、Vita)
バーチャルコンソール(Wii、WiiU)
PCエンジンmini

PCエンジンミニにも収録されましたし、以前に比べると遊びやすい環境になりましたね。

そして最後にこのゲームを語る上で「オッパイパイ」は欠かせないところ。

いや、別にいやらしい話ではないですw

このゲームで使用できるサブウェポン「マルチ・ボディ」を取得した際に聞こえるボイスがどう聞いても「オッパイパイ」なのです。

ツイッターで関連するお話をいただいたりもしました。

で、色々と調べていってみると当時ハドソンUSAに所属していたジョン・グリーナーさんと言う方が例のボイスを担当していたことがわかりました。

海外の方の声を録ったとは言え、流石にマルチ・ボディが「オッパイパイ」に聞こえる事はないのでは!?

・・・と思ったのですがどうやら「Optional Body」がネイティブ的な発音(?)だと「オッパイパイ」に聞こえるようです。

何十年前の疑問が解決していくのは面白いですね。

Colorful Pieces of Game(岩崎 啓眞さんのサイト)より

ゲーム概要

■タイトル名
 ガンヘッド

■メーカー
 ハドソン

■発売日
 1989年7月7日

■定価
 5,800円

■対応ハード
 PCエンジン

■ジャンル
 シューティング

■プレイ人数
 1人

スポンサーリンク

※通販と店舗では販売価格や税表示が異なる場合がございます。

   

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. よーへー より:

    ガンヘッドは良いゲームでしたねー
    おっぱいぱーい!は良い思い出ですw

  2. ジャッカー天野 より:

    あのボイスはどう聞いてもおっぱいぱいですよねw